コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

crew

カヌーヴィレッジ長瀞のクルー紹介

加藤 康徳 Yas Kato

代表 Producer リバーネーム:ヤス

担当:リバーガイド、リバーリトリート

東京都・目黒区出身。専門学校時代にスノーボードに出会い、熱中してしまい、就職内定を断ってまで雪山で働くライフスタイルを選択。同時期にラフティングにも出会い、長瀞でラフティングガイドとして働き始める。冬は新潟・湯沢エリアにてスノーボードインストラクターやコース整備するディガーの仕事で働き、夏はラフティングガイドとして、季節を分けたライフスタイルを4シーズン送っていた。その後、本場のラフティングを学びに、ワーキングホリデーを利用し、オーストラリア・ケアンズへ。RnR社で1年間働く。帰国後はラフティング会社でマネージャー職につきながら、マネジメント能力を活かし、ラフティングや新スポーツ・リバーSUPなどの普及や発展に努める。

2019年3月より株式会社JOURNEYを立ち上げ、リバーリトリートをコンセプトとした、カヌーヴィレッジ長瀞を運営する。

<資格>
ラフティング協会 シニアガイド/ラフティング協会 検定官/レスキュー3ジャパン SRT-1
アメリカカヌー協会 SUPインストラクターレベル3/日本SUP協会 ベーシックインストラクター
日本ブッシュクラフトスクール認定 ブッシュクラフトアドバイザー/上級救命資格

萩原 光峰 Mitsumine Hagiwara

オペレーションマネージャー リバーネーム: HAGI

Comming soon

山口 和則 Kazunori Yamaguchi

リバーガイド リバーネーム: KAZU

Comming soon

横田 あかり Akari Yokota

サポートクルー

Comming soon

藤村 育三 Ikuzo Fujimura

顧問,アートディレクター  Adviser / Art director

作家活動を始めた19歳の時から海外の雑誌にてイラストレーターとして活躍し、以後ジャンルを超えたクリエイティブな活動をしている。国内外のミュージシャンの撮影、店舗/ショップなどのプロデュース、グラフィックデザイン、名門時津風部屋の力士達の化粧回しデザインを手がけることで国技である相撲にも携わり、フジロックフェスティバルのオフィシャルグッズデザイン、ハウステンボスのパレードフロートのデザイン、Hummer Japanの総合アートディレクション等、、、数々の国内外の一流企業、著名人達をクライアントに持つ。クリエイティビティーを活かしたブランディングを得意とする。

北海道で育ちスキー/スノーボードを得意としてたので上京後「たぶん同じようなものだから出来るだろう」と甘い考えでサーフィンに挑戦。ところがあまりにも難しく、まったく出来なかったために以後どっぷりサーフィンに没頭。世界中にサーフトリップに行くようになる中、運命的な出会いが重なり2012年パプアニューギニア政府観光局認定サーフィン観光親善大使となる。
同時期にSUPに出会い、波乗りだけではない海の面白さや川の奥深さに開眼しフィールドが広がり、沢山のパドラー達との交流が始まる。
2013年より持続可能な観光業を目指すパプアニューギニア政府観光局とともに、SUPを使った自給自足の村々を泊まり歩き大自然を満喫する「Real Adventure Trip」を企画/主催。
コロラドで行われているGopro Mountain Games、ミズーリ州の世界一長いダウンリバーレースMR340など海外のリバーSUPの大会にも積極的に参加。

御岳リバーベースHALAUのアドバイザーとしてリバーSUPの普及につとめ、2017年より多摩川を山の上から東京湾まで下る日本一長いダウンリバーレースULTRA T80を企画主催。SUPやサーフィンを通じて川の面白さを広めるべくカヌーヴィレンジ長瀞ではブランディングから企画までアドバイザーとして立ち上げ時から関わる。SUP専門誌BLADESでコラム「川で遊ぼう!」も連載中!

アメリカカヌー協会 SUPインストラクターレベル3
パプアニューギニア政府観光局認定サーフィン観光親善大使
JP Australia リバーSUPアンバサダーライダー
ULTRA T80プロデューサー/CABBOプロデューサー

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る